冬でも綺麗に咲く花たち

冬向け植物research

適した花の種類

庭

色とりどりの花を楽しむ

室内で楽しむ観葉植物もいいのですが、たくさんの色を楽しむために冬でもガーデニングを行うという人は多いです。実際これから行うという人もいます。ですが、初心者の場合、どの花が冬に向いているかよく分かりません。冬でも色とりどりの花が楽しめるように、ここでどんな花があるか確認していきましょう。花によって開花期や色が異なるので、ガーデニングをするタイミングなどを考えて花を選ぶことができます。

重宝されている花

種類が多くあることから、冬のガーデニングに重宝されている花があります。それはプリムラです。プリムラは花の形や草の形が品種によって異なっているだけでなく、色も豊富なのです。このことから冬のガーデニングで重宝されているのです。プリムラは花がらを摘まないと花付きが悪くなるだけでなく、病気になってしまうことがあるので注意して育てましょう。

定番の花

冬だけでなく秋のガーデニングにも定番になっている花があり、それに当てはまるのがパンジーとビオラです。どちらも色の種類が多くあり、花付きがとても良いです。この特徴から初心者でも簡単に育てることができます。パンジーとビオラを育てるポイントですが、日光をしっかりと当てることです。日光に当たらないと細くて貧弱な姿になってしまうので気を付けて育てることです。

品種改良された花

シクラメンにはガーデンシクラメンという品種があります。これは耐寒性を持った品種なので、冬のガーデニングに取り入れられています。耐寒性があるだけでなく、一般的なシクラメンよりも小さめになっていることから寄せ植えにも向いています。冬に寄せ植えをしたいと考えている場合、ガーデニングシクラメンを候補に入れておくといいでしょう。注意点ですが、真冬に植えると根が張りにくく、花付きが悪くなる可能性が高いです。そのため、植えるのであれば秋ごろがベストです。

可愛らしい球根植物

スノードロップは球根植物で、耐寒性があります。スノードロップは朝になると花を咲かせ、夕方には花を閉じるという特徴があります。花の色は白で、とても可愛らしい形をしています。スノードロップが咲くことで春が近いと言われていて、春の使者とも呼ばれています。パンジーやビオラ同様、初心者でも簡単に育てることができます。